この仕事との出会い

私は、以前従業員が2000人以上いる冠婚葬祭の大手

互助会の会社に勤めていまた。

営業部で会員様の募集活動を長くやらせていただきまし

た。雨の日も、風の日も、一件、一件ご自宅を訪問して、

会員様の新規開拓、アフターフォローなどそれなりに大変

ではありましたが、その仕事にやりがいを持って勤務して

いました。そんな中、社内で他の部署の研修があり葬祭部

で3日間研修を受けることになりました。

葬儀と言う仕事はその時あまり良いイメージではありませ

んでした。

研修が始まり最初はご遺体を病院へお迎えに行き、打ち合

わせ、通夜、葬儀の設営一連の葬儀の流れを体験しまし

た。そして葬儀が閉式し、おわかれ・・・・・

スタッフ2人がお棺に向かい深々と一礼してお棺のふたを

開け、さらに故人様へ一礼スタッフのぴったり息の合った

動きに感動しました。そして、ご遺族様が故人様へ

お別れの花を手向けられます。お一人、お一人お声をかけ

られながら、私はその時自然と涙が溢れていました。

お別れが終わりご出棺の儀、ご遺族様ご親族様でお棺を

霊柩車へと向かわれます。

そして、霊柩車の運転手がお棺をお納めしドアをゆっくり

閉じ、そこにいるスタッフ全員が霊柩車に向かい

合掌そして礼拝・・・・・ その光景を目にし気が付けば

全身に鳥肌が立っていました。その瞬間この仕事が

したい、そして、多くの方のお役に立てる葬儀がしたい、

と思いました。 今も、色々な困難や問題に遭遇した

時は、あの時のあの光景を思い出しています。

あの研修がなければ、この仕事に出会えてなかった

かもしれません。

そして、トワ家族葬ホール岩国は存在していなかったかも

しれません!

あの日の感動に  

感謝。