のし袋の表書き

のし袋の表書きは、仏式の場合、「御仏前」、

「御霊前」と書きます。神式は「玉串料」、

「御神前」、「御霊前」、「榊料」などを使い

ます。

寺院へのお礼は、全て「御布施」と書きます。

その横に「初七日料」や「納骨料」や「戒名料」

と書くと分かりやすくなります。

仏壇に仏様をお迎えする仏事を、「入仏式」や

「開眼法要」と言います。この場合はのし袋の

水引は紅白でお祝用のものを使います。

お墓を建てる時の仏事を「建碑式」や「開眼法要」

と言います。この場合ものし袋の水引は紅白の

ものを使います。

ただし、納骨式を同時にされる場合は、納骨式は

お祝ではない仏事なので白黒の水引ののし袋を

使います。

※これは私が以前経験した事なのですが、ある宗派

のご住職に「ご霊前」ではなく「ご仏前」の

方が良いですよ! と言われた事がありました。

それは「霊」という言葉は仏教にあまりふさわしく

ないですね! と言われた事がありました。
 
宗派や、地域のしきたりによって色々なお教えが

あるようです。

感謝。