ポン菓子と紙芝居

子供のころ自宅がある団地の公園に、毎週決まった日にリヤカーでポン菓子をお爺さん

が売りに来ていました。最近はほとんど見なくなりましたが、お菓子が出来上がる時に

「ポーン」と大きな音がして驚いた記憶があります。

出来上がるまでの時間、そのお爺さんは紙芝居を読んでくれていました。特に

オオカミ少年は面白かったです、オーバーアクションで本当にオオカミが出てきそうな、

話しぶりでした。いつも、そのお爺さんの周りには子供たちの人だかりが、出来て

いました。

そんなある日、若い人がリヤカーを押して来ました。お爺さんが体調を崩して息子さんが

後を継いだそうです。ポン菓子の味はお爺さんが作るよりも甘く美味しかったのを

憶えています。しかし、紙芝居が全然面白くなかったのです、お爺さんが使っていた

同じ紙芝居を読むのですが、面白くなかったです。やがて子供たちは、ポン菓子から

離れて行き、他の遊びに夢中になりました、子供は正直なので、同情で紙芝居を

聞いたりはしません。そして、いつの日か「ポーン」と言う音だけが団地に、むなしく

響いていたのを、子供心に憶えています。

今考えてみると、お爺さんは、ポン菓子の作り方は完璧に息子さんに教えていたけど、

紙芝居の読み方を、教えていなかったのです。

僕たち子供は、ポン菓子だけにお金を払っていたのではなく、紙芝居にお金を払って

いたのかもしれません。

ここに接客の大きなヒントが隠されているような気がします。

我々も、良い葬儀を提供する、それは当たり前の事で、いかにお客様に「感じが

良かった」、「トワに頼んで良かった」と言っていただけるかが、大切だと考えます。

トワの経験豊富なスタッフが、お客様に葬儀の概論を、1~10まで完璧に伝える事

よりも、「やさしいあなたが担当で良かった、ありがとう」と言っていただけるご葬儀の

提供を大切に考えています。

接客マニュアルは、その人間の心の中にある と私達は考えています。

すべてのお客様に  感謝。