勝ち組と負け組

色々な商売がある中で、どんなに不況でも

繁盛しているお店や、景気が良くても

流行らないお店があります。

その要因を考えた時、色々な事が思いつき

ますが、その中でも悪循環になっている

お店は第一に損得勘定を考えているように

思います。

全体を見るのではなく、一人のお客様から

利益を出そうとすると、客足がどんどん

遠のいて行き、さらに客単価を上げないと

成り立たない状況になってしまい、景気が

良くても流行らないお店になって

しまいます。

逆に、お客様に喜んでいただく事を第一に

考えているお店は、サービスや値引きをする

事によってその日一日が赤字になるかも

しれませんが、全体を見れば、どんどん

客足が増える事によって黒字を生んで、

景気が悪くても、流行るお店になって

います。

ちょとした考え方の違いが、運命を左右

します。

私達の仕事に置き換えても、同じ事が

考えられます。

都会の老舗の葬儀社は、大手互助会や最近

増えてきた、低料金を売りにした小規模な

葬儀社に対抗して、「家族葬プラン」を

売り出し、その結果、単価が低い小規模な

葬儀が増えた半面、一般葬や社葬は、他の

葬儀社に流れて行き、自社の100名を

超える大ホールは、稼働率がほぼゼロになり、

売上高が大減少してしまった。と言う事例が

たくさんあります。

元々、互助会や小規模な葬儀社とは、

毎月のランニングコストの計算が全然

違うので、成り立って行かなくなる葬儀社は

少なくありません。

そんな中でも、信念を曲げず先代から

受け継いだ事を大切に考えている、老舗の

葬儀社は売上げを下げることなく、多くの

方に支持をされています。

決して、家族葬や小規模な葬儀が流行して

いるから、多いのではなく、志を曲げずに

自分達のサービスに絶対的な自信を持って

いる会社が、支持をされているのだと

想います。

私達も、志を曲げずに、お客様のために

努力を続けて行きます。

感謝。