北枕

「北枕」(ほくまく)は、日本の民間信仰や

風水において、寝るときに枕を北側に向ける

ことを避ける習慣を指します。

これは、古代中国の伝承に由来しており、

北側に向けて寝ると、北風が吹いて寒気が

入り込むことや、北方には亡くなった

祖先がおり、それを冒犯することになると

考えられています。また、風水においても、

北側は陰気が強く、健康や運気に悪影響を

与えるとされています。

ただし、現代の科学的な見地からは、

寝るときに枕を北側に向けることが健康に

悪影響を与えるという科学的根拠はなく、

個人の好みや環境に合わせて自由に寝る

ことができます。

お釈迦様が入滅された時のお姿なので、

むしろ縁起が良いという説もあります。

感謝。