十死零生

昨日は原爆の日でした。敗戦した日本軍が

最後に行った作戦に「神風特別攻撃隊」があり

ます。ゼロ戦に爆弾を積み込み、敵艦隊目がけて

体当たりをする作戦です。戦争の歴史上類を

見ない作戦で、世界中を驚かせたそうです。

散って行った兵士は様々で家族があり、妻や

子供を残して散った人から17歳の少年までもが

海に散って行きました。「十死零生」それは、

九死に一生もあり得ない、確実に死んでいくと

言う事。

こんな無謀な作戦を一体誰が考えて実行したのか

いまだに、はっきりしていないそうです。

多くの人が犠牲になり、傷ついた戦争は絶対

二度とあってはいけません。

ただ、こんな悲しい、悲惨で誰もが傷ついた

現実があった事は忘れてはいけません。

平和な時代が続き、そして、もっと良い時代が

来る事を心から願います。

以前、知覧特攻記念館を見学した事が

ありますが、その中には犬とたわむれる

笑顔の少年兵の写真がありました。

それは、出撃の前日に撮影された写真だそうです。

満面の笑みでした。

当時は、生きたくても、生きれない、今では

信じられない現実の中で、そんな時代の中で

短い人生を一生懸命、一心不乱に生き抜いた、

先人達・・・・・

私達は、忘れません。 
 
感謝。