叩き込まれた全ての事を

前職で冠婚葬祭互助会の営業活動をさせて

いただいていました。その後葬祭部門に異動に

なりそこで、お葬式の流れを勉強させていただき

ました。大変お世話になった会社で、やりがいも

ありましたが、色々な人とのご縁で「安くても、

親切で、良い葬儀」を合言葉にトワ家族葬ホール

岩国をオープンする事になりました。

葬祭部で集金業務をさせていただいていた時に、

すでに退職届を出し新しくトワを立ち上げる

つもりでした。そんな中、後輩の結婚式に参列し

て、久しぶりに互助会の営業部門の同僚や

上司に会いました。営業部は女性が多く、いつも

とは違う着物やドレスを着て綺麗にされて

いました。

その年は特に暑い夏でした。想い出話や、仕事の

話がはずむ中、営業部の女性の上司達の手が、

目に留まりました。顔はお化粧で綺麗にされて

いて、晴れやかな着物に身を包んでおられ

ましたが、手だけ真っ黒に日焼けをされていま

した。顔にはお化粧をしますが、手にはしません、

内勤業務の私の手は昔と違って白くなっていま

した。その時「今年の夏も暑かったんだな~!」

と教えられました。その手を見て、退職する前にも

う一度営業部でみんなと汗を流したいと思いま

した。

最後は原点の営業で幕を閉じたいと思いました。

結婚式の数日後、本部長に営業部に異動願いを

出しました。快く承諾していただいて、営業部で

最後短い間でしたがみんなと汗を流す事が出来

ました。

あの当時の上司には、本当に感謝しています。

以前は営業成績も上位に名を連ねた事も

ありましたが、最後は優秀な成績で終わる事は

出来ませんでした。しかし、悔いの残らない

終わり方が出来たと思います。人生の転機は誰に

でもありますが、私達がいつも思うのは、

いつも周りの多くの方のお陰で生きているという

事です。だから、感謝の想いを片時も忘れずに

生きて行きたいと思います。

感謝。