変化する葬儀事情

私達が肌で感じる変化は、三つあります。

一つ目は、葬儀の規模が年々小規模に

なっている事です。

お打ち合わせの時に、会葬御礼品の

御注文がいくつ出るかで、そのご当家の

お葬式の規模が分かります。

昔は一般のお宅でも、200から300は

普通に出ていました。

ご親族の他ご近所、会社関係の方が

会葬に来られるのは当たり前の時代でした。

しかし年々その規模は小さくなり、

現在トワでは100個御礼品のご注文を

いただくご当家は、年に一件あるかないか

です。

その要因を考えると、急速な核家族化の

進行やご近所付き合いの減少、生前中の

故人の遺志等が考えられます。

さらにコロナが拍車をかけました。

二つ目は、亡くなられる方の年齢が

伸びているように感じます。

昔は、男性で80歳、女性で80歳中盤で

お亡くなりになられると、

「長生きでしたね!」と言う

時代でした。

今では、女性で80歳中盤でお亡くなりに

なられると、「早かったね

残念でしたね!」と言う時代に

なりました。

医療の進歩や食生活等で、どんどん

人の寿命が長くなっているように

感じます。

三つ目は、「死」に対する考え方が

変化をしてきたように思います。

昔は、「死」と言う事は、「縁起でもない

何歳だろうと、決して口に出しては

いけない」という、とても不謹慎な

事と思われていたような気がします。

しかし時は流れて、今では「終活」

という、自分の最後を考える活動も

当たり前になっています。

「死」は決して不謹慎な事ではなく、

全ての人がいつか迎える自然な事!

そのような考え方に変わりつつあります。

その証拠に、トワにはまだお元気な方が

多くご相談に来てていただいています。

いずれにしても私達は、その時代の

変化に柔軟に対応し、その時その瞬間、

一番そのお客様の想いに近いカタチの

お別れのお手伝いをさせていただく

事だと思います。

これからも、時代の変化に遅れないように、

スタッフ一同努力を重ねて行きます。

感謝。