大は小を兼ねる?

「大は小を兼ねる」と言いますが最近お問い合わせに来

られてよく聞くのが「大きな式場を勧められて

その中で家族だけの少人数で葬儀を執り行い、すごく

違和感を感じました。」など。

葬儀は急速にその規模が小さくなっています。

ほんの少し前までは家族葬を執り行うに当たって

様々な障害がありました。

ご近所付き合い、会社関係、など、会葬を辞退すると少し

非難をされるような傾向もありました。

しかし、今では家族葬は当たり前の時代になっています。

おそらく全体の半数以上は家族葬で葬儀を執り行われて

いると思います。

そんな中、大きな式場の稼働率は低下の一途をたどって

いるはずです。

大は小を兼ねるとは言っても300名も入れる式場に、

10名程度で葬儀を執り行うのは不自然極まりない事の

ように思います。

葬儀業界に至っては「大は小を兼ねる」ではなく

「大より小で十分」と言う時代に入っていると思います。

新しい事が不特定多数の方に認知されるまで大変な時間が

かかります。

しかし、ある一定の数にそれが達してしまえば、

あっと言う間に広がっていきます。

その流れに取り残されてしまえばお客様の「ありがとう」

にはたどりつけなと私達は考えています。

10年、20年先を見据えて今のお客様に最高のサービスを

ご提供する事を常に心がけています。

「家族葬」と言う葬儀は20年以上前から存在します。

しかし、それが主流になったのは私達の地区ではわずか

数年前です。

今では、誰もが知っている家族葬、様々なしがらみを気に

せずに不特定多数の方が執り行うようになるまでに

相当な時間がかかりました。

私達はその時代の流れを感じながらこれから先を見据えて

います。

トワの式場は一番広い式場で、40名様程度です。

それでも広いと言われる方のために20名様程度の

式場と10名様程度の式場、計三式場あります。

3年前は一番広い式場の稼働率が一番でしたが、現在では

25名様程度の式場が一番で二番目は10名様程度の

和室の式場です。

トワのお客様だけを取っても3年間で葬儀の規模は明らか

に小さくなっています。

そんな中でも「安くても、親切で、良い葬儀」をご提供

できる環境を維持して行く事を最優先に考えています。

お客様に満足していただき、業者の方にも感謝され、

スタッフにもやりがいを感じてもらえる

会社造り、正にそれは「きれい事」。

そのきれい事を現実にする事が、私達の最大の目標です。

その目標に向かって、努力を重ねて行きます。

感謝。