大往生でも

老衰というのは、病気で亡くなられる

のではなく、まるで草木が枯れるように

自然に往生する様だと私達は認識して

います。そんな最期を遂げられる方は

少なくありません。

「大往生だったね」とよく言われます。

そんなお別れをされた喪主様でしたが、

涙が止まりません!

「他人事だと思って『大往生でしたね』と

言っていましたが、そんな事軽々しく

言ってはいけませんね!

自分の親が100歳近くまで頑張って

大往生しても、こんなに悲しい事とは

知りませんでした。」

と、喪主様は大切な方とのお別れを

惜しまれました。

でもきっと、そんな優しい喪主様の事を

故人様はどこかで永遠に見守っておられる

と、私達は信じます。

人の生き様、最後の様は千差万別、

その喪家様にしか分からない、

語りつくせないものだとあらためて

思いました。ただ、私達はそんな

優しい心に少しでも触れさせていただき、

故人様のお別れのお手伝いをさせて

いただいた事を、誇りに思います。

感謝。