密葬とは

密葬とは後日、本葬を執り行う前提で行う葬儀の事を言います。
よく葬儀告別式は近親者のみの密葬で執り行い、後日お別れの会や偲ぶの会などを執り行うと言う事を耳にします。
後日公にするお別れの会や偲ぶの会が本葬に当たるとされています。
しかし、本当の本葬とはそうではないようです。
宗派は様々ですが、本来は導師を招き読経を賜り、その宗派の流儀に法て進める事が正しい本葬の在り方です。
献花台に献花をし、音楽をかけて送るなどのお別れの会は、正式には本葬ではなく、無宗教の葬儀になります。
しかし、時代の流れで密葬の定義も少しずつ変わってきているような気がします。
私達は喪家様のご要望に限りなく近いご葬儀をご提案させていただいています。
しかし、本当の意味を知った上で自由な葬儀を執り行う事は、葬儀の意味深さをより感じていただけるのではないでしょうか?
感謝。