本田宗一郎

世界のホンダを創り上げた本田宗一郎氏が

葬儀を行わなかったのはご存知でしょうか?

生前に本田氏は言われていました。

「社葬はするな!車やオートバイのおかげで

生きてこれたのに大げさな式を出して、

自分の葬式で交通渋滞を起こすよな迷惑は

かけられない。」そう言い残されていました。

通夜、葬儀、弔電、献花一切なしという

前代未聞の知らせに、やはり社員、関係者は

驚きを隠せなかったそうです。ここまでの

偉人が葬儀を行わなかったのは実にまれな

事だったのではないでしょうか?

1991年84歳で亡くなった年、葬儀の

代わりに行われたのが「お礼の会」でした。

お別れの会ならぬ「お礼の会」で参加者は

全員平服というラフな服装で故人と別れを

惜しみ本田宗一郎氏の希望を叶えた、

遺志を尊重した会となったようです。

1991年といえば、日本で初めて海に散骨した

自然葬か行われた年でもあります。

従来の葬儀の形をとっぱらった新たな

葬儀スタイルの始まりは、この頃から

だったと言えるのかも知れません。

「チャレンジして失敗を怖れるよりも、

何もしない事を怖れろ!」 本田 宗一郎

感謝。