直葬と密葬と家族葬の違い

最近、急速に増えて来た直葬、直葬は

通夜・葬儀を行なわずに法律的な手続き

(死亡届の提出、戸籍の抹消)を済ませ

死後24時間経過を待ち、火葬する葬儀の

事、さまざまなご事情がお有りになられる

方や、身寄りのない方が一般的には直葬を

選択される傾向にありましたが、最近では

多くの方が直葬でお送りされるように

なりました。

密葬とは、近親者のみで荼毘にふせて、

後日公けにして、本葬、お別れの会、偲ぶ会

などを行う葬儀です。

芸能人の方や著名な方が最近は密葬を

選択される傾向にあります。

しかし最近では、密葬の後何もされない方も

おられます。

家族葬とは、家族葬には定義はなく、

一般の葬儀を少し規模を小さくした葬儀、

通夜・葬儀の流れは全く同じです。

ご家族だけの10人位の家族葬から、

ご近所、会社関係、ご友人も参列される

50人近い家族葬まで、さまざまです。

家族葬の定義は、喪家様の判断で決まると

言ってもよいでしょう。

いずれにせよ、日々変化しているお客様の

ご要望に対応させて頂かなければいけません。

葬儀の後で、直葬なんてするんじゃなかった、

密葬なんてするんじゃなかった、

そうならないように、今まで何百、何千件の

ご葬儀の経験の中から、その喪家様に

あった最善のアドバイスを心掛けて、

決して悔いの残らないご葬儀をお手伝い

させて頂くのが、私たちの使命です。

毎日多くの経験を積ませていただける事に  

感謝。