直葬と密葬と家族葬の違い

直葬とは、通夜、葬儀を執り行わず、火葬のみを目的とした葬儀です。身寄りが居られない、金銭的な問題など、理由は様々ですが、年々増えています。
密葬とは、後日本葬を執り行う前提として、荼毘にふす葬儀のことを密葬と言います。
近親者だけで密葬にて葬儀を執り行い、後日お別れの会や忍ぶ会など、それが本葬に当たりますが、本来は、菩提寺の僧侶に葬儀のお勤めをしていだくことが、正しい密葬の在り方だと私達は教えられました。
しかし、時代の流れで、全て本来通りにはいかないのが現状のようです。
家族葬とは、一般的な葬儀と流れは全く同じです。
ただ、会葬者の人数を限定するだけです。
直葬と密葬には定義付けがされていますが、家族葬には定義がありません!極少人数の葬儀も、それなりの人数の葬儀も、家族葬です。なぜなら、家族葬の定義は、その喪家様が決めることだからです。
私達は喪家様が一番理想とする家族葬のお手伝いをいつも心がけています。

感謝。