育休について

何年か前に国会議員の方が育休を取る事に関して、

党の幹部から指摘を受けたという報道があり

ました。

私は基本的に「育休」は反対ではありませんが、

しかし現実は難しいというのが結論です。

現在、男性が育児休暇を取って、その間の

給与保証までしてくれて、なお且つ誰からも

批判を受ける事が無い環境は、大企業の中でも

ほんの一握りの会社にしか存在しません!

大企業だけではなく、中小零細企業から個人

商店に至るまで、育休が取れるようになるには

果てしなく遠い道のりだと思います。

そんな社会が理想だとは思います。

しかし、それは不可能に等しいというのが現実

です。

全ての人達が安心して、育児休暇がとれる環境を

整えるのは、国会議員の先生達と企業の努力が

必要です。

私は、まずその不可能に近い事を、現実にする

努力をし、そしてそれを整え、達成した事を

確認し最後に国会議員の方が育休を取って

いただきたいと思います。

国会議員にはそんな使命があるのではない

でしょうか?

色々な賛否があるとは思います。育休は反対では

ありませんが、議員の先生方が真っ先に育休を

取る事はいかがなものかと思います。

早くその環境を造ってほしいと強く願います。

感謝。