諸行無常

「諸行無常」(しょぎょうむじょう)は、

仏教用語であり、物事が常に変化し、

不滅不変のものはないという教えを表す

言葉です。この教えは、人間の苦しみや

悲しみを和らげることができるとされ、

日常生活においても大切にされています。

永遠のものは存在しないのかもしれません!

だから毎日を大変に過ごしたいと思います。

感謝。