温故知新

現在の中国地方の葬儀の平均費用は

100万円を超えています。

年々少ずつ下がっていますが、

一気に下がらないのは、企業が努力を

しているからです。少しでも高い祭壇や、

お棺を勧めているからです。

安い物を一番に勧める葬儀社は無いと

思います。安い物を勧めることによって、

お客様に失礼になる場合もあります。

でも、時代は間違いなく安くて

少人数での葬儀を希望される方が、

どんどん増えているのは間違いありません。

その原因は様々ですが、人の死に対する

考え方や儀式に対する考え方、

家族構成の変化や、ご近所付き合いの

変化など色々な要因でお葬式のカタチ

事態が変化してきています。

この流れを止める事は出来ません。

私達はこの変化に敏感に対応して

行かなければなりません。10年前の

常識が非常識になっているかも

しれません。乗り遅れないように

常にお客様の声を聞き、常に新しい

変化に対応し、最高のお手伝いを

心がけて行きます。

ただ、日本古来の儀礼文化を忘れずに、

最新のサービスを目指します。

古きを温めて、新しきを知る。

温故知新。 

感謝。

お葬式の真髄

先日の御住職様のご法話で、

「心臓が止まっても人の聴覚は

生きているので、通夜と葬儀の間は、

故人の悪口は言わずに感謝の気持ちを

語りかけてあげて下さい。

きっと届くと思います。」とお話し

されました。

先日の夜は、ご遺族様の色々な想いを

語りかけられた事と思います。

大切な人の死によって、仏を学び、

ご遺族が再会し、夜通し語り合う!

お葬式の真髄は、ここに有るのかも

知れません。

感謝。

一番強い営業力

今年は、去年の1.5倍のご依頼を

いただいています。

ほとんどのお客様が、ご紹介や口コミで

トワの事をお知りになられて、ご依頼を

いただいています。

それだから、絶対に失敗は許されないと

言う想いで、お手伝いをさせていただいて

います。

お客様の口伝えほど強い営業はありません!

そんなお客様には、「感謝」の一言に

尽きます。

これからも、ご紹介をいただいたお客様に

恥じないように誠心誠意務めてまいります。

感謝。

仏様の残像

お通夜、葬儀をお手伝いさせていただく中で、

勉強させていただく事が多くあります。

お通夜の時の、導師様のご法話は大変勉強に

なります。

その中でも、その法話に吸い込まれて

行くような、お話をされるご住職様も

居られます。

若くして、自らも悲しみを背負い、誠実に

仏の道をお進みになられている、そのお姿は

正に仏様のようです。

いつも心が洗われる気がします。

目の錯覚なのかも知れませんが、私には

その背中に仏様の残像がハッキリと見えます。

私の心の中の目に仏様のお姿を映し出して

くれています。

人生の最後に携わらせていただき、

そして仏様とのご縁をいただき、本当に

ありがたいお仕事だと実感しています。

日々私達ができる事を考えながら、誠実に

生きて行きたいと思います。

邪念や煩悩が立ちふさがった時、

その僧侶のお姿を思い出し、正しい道を

歩んで生きます。

合掌

感謝。

仕事とは

私達は少人数で運営しています。

それはランニングコストを削り落とし

低料金の葬儀としてお客様に還元させて

いただくためです。

それしか大手に対抗できないという

確信があるからです。私自身も大手に

長年勤めて大手の偉大さが分かっています。

一流の会館設備、一流の社員教育、

一流のノウハウ、大手にはそれがあります。

大手をご利用されるお客様の層では無く、

そうではない層のお客様にご利用して

いただく事を私達は目標にしています。

50%の方が大手互助会をご利用されています。

この数字は、何十年も変わっていません!

それ以外の方にご利用していただき、

通夜・葬儀の二日間全身全霊でお手伝いさせて

いただきそのお客様から広がって行く

口コミこそが、私達が考える、トワの

お客様の層です。

誠心誠意務める事の積み重ねが、

無料の広告宣伝を生み出してくれます。

私達は、それを薄皮を積み重ねるように

日々の仕事をこなしています。

本日も誠心誠意務めて参ります。

感謝。