ありがたいご法話

以前、自宅葬のご依頼を受け、喪主様の

ご希望にお応えできるような飾りを

させていただきました。

祭壇は使わずに、ご仏壇で通夜、葬儀を

執り行いました。

それは、とてもシンプルな飾り付けでした。

お通夜の時、ご住職様のご法話で、

「今回の葬儀は、喪主の希望を

取り入れられた、葬儀屋さんの

気持ちが伝わってきます。きっと故人も

納得をしておられる事だと思います。」

そうお話をしていただきました。

全てを悟っておられるような、

そんなご法話でした。

ご自宅で、シンプルに、見栄を張らずに、

静かに送りたいとのご希望でした。

ご住職は、そのお話をどこかで聞いて

おられたわけではありませんが、

全てを悟っていらっしゃいました。

ご親戚の方の中には「最後なんだから、

もう少し立派にしてあげれば良いのに!」

そんな意見もありましたが、

私達のスタンスは、限りなくご遺族様の

ご希望に添えるように送ってあげたい!

そう考えています。

そんな私達の想いが、ご住職様のご法話で

救われた葬送でした。

ご住職のお心遣いに・・・・・

感謝。