ある日のコンビニでの出来事

数年前の事ですが、自宅近くのコンビニの

駐車場で目の前を10代後半から

20代前半の若者が肩で風を切りながら、

鋭い目つきでじろじろ見ながらお店に

入って行きました。

正直、心の中でなんだか柄が悪いな~って

思いました。

車の中から見ているとレジの前の

花束だけを買って出てきました。

彼女に花でもプレゼントするのかな? 

でも肩で風を切って歩くので、花びらを

ばらまきながら歩いて行きました。

思わず「ぷっ」って笑ってしまいました。

でも、その花をよ~く見てみると、

カーネーションでした。・・・

カーネーション?はっ!今日は母の日だ! 

背中に鳥肌・・・・・ 彼はお母さんに

母の日のプレゼントを買いにきていたんだ。

でも、お母さんの手元に届くころには、

花びらも散って、茎もボキボキに折れている

のでは? でも、お母さんは絶対嬉しい 

はずです。彼のやさしい気持ちが・・・・・

私は心の中で「ありがとう」そして

「ごめんね」と彼の後姿に言いました。

母の日すら忘れていた私・・・・・ 

来月は母の日を迎えます。

一生の思い出に残る母の日してくれた彼に 
 
感謝。