これからの葬儀を考える

ご夫婦のどちらが先に逝かれるか分かりませんが、平均寿命

から言えば、男性の方が先に逝く可能性が高いかも

知れません。ご主人のご葬儀の場合は、喪主は奥様が

されるのが一般的ですが、長男さんがされる場合もありま

す。

その時のご葬儀は奥様が付いておられるので、悲しい中では

ありますが、どこの葬儀社に依頼して、町内会の誰に連絡

をして、と言う事が比較的分かりやすいので大変ではあり

ますが、それなりに進めて行けます。

問題なのは、その後一人になられた奥様のご葬儀です。

最近は同居が少なく、子供さんがご一緒ではない場合が

増えてきているので、お一人暮らしでもしもの事が

あった場合、子供さん達が遠くから帰ってきて葬儀の手配

をする事になります。

どこの葬儀社に頼めばいいのか?

帳場は誰に頼めばいいのか?

親戚はどこまで呼べばいいのか?どれくらい費用がかかる

のか?など、お金に変えれない問題が沢山あります。

もし、娘さんしか居ない場合は、娘婿(むすめむこ)さん

に負担がかかる場合もあります。

だから大切な事は、話しにくい話題ですが、ある程度次の

世代の方に、万が一の時のお話をされておかれる事も必要

な事かもしれません。

私達の経験上の話ですが、世代交代の時のご葬儀は昔より

確実に難しくなってきています。

あってはいけない事・・・ 

でも、いつか必ずある事・・・ 

その日のためにしておく事・・・


例外なく訪れる現実を考えながら、今日を生きることに  

感謝。