イエスマン

会社に勤めている時は、私は常にイエスマン

でした。それは会社にお世話になっている間は

それが当たり前だと本能的に思っていたからです。

しかし、心の中では「こんな事がしたい!

あんな事がしたい!」と色々考えていました。

それでも口には出さず、業務をこなしながら夢を

描いていました。昔、若かったころは、いつも

会社の愚痴や不平不満をこぼしていました。

すると、その時の先輩に「そんなに嫌なら辞めれば

いいじゃん!会社にお世話になっている間は、

そんな事言わない方がいいよ!会社に失礼だよ!」

そう言われました。確かにそうだな、自分が

どれだけ会社の役に立っているのか?それを

考えると恥ずかしくなった事を覚えています。

それ以来、会社に勤めている間はイエスマンに

徹することに決めました。結果先輩たちからは

可愛がられ良くしてもらいました。色々な考え

方がありますが、私はイエスマンは素晴らしいと

思います。何故なら、そうしていなければ今の

私達は存在しません。

感謝。