心の中で祈る事

お別れが終わり、お柩を閉じさせて

いただこうとした時、喪主様がそれを

拒まれるように故人様にお近づきになり、

最後のお別れを惜しまれました。

とめどなくあふれる涙には、私たちでは

到底計り知れない想いが数えきれない 

ほどあると思います。

私達は、そのお悲しみを一緒に共有させて

いただく事は出来ないかもしれません。

しかし、私達は何も言わずに全身全霊の

想いでお手伝いをさせていただきます。

そして、悔いの残らないお別れを迎えた時、

皆様のお悲しみが少しでも和らぐ事を、

私達は心の中で祈っています。  合掌。

感謝。