最高の送りの儀式

以前、葬儀に参列した時の事ですが、やはり

同業なので色々な事を観察してしまいます。

担当者の方がお棺の上の棺掛を外されて、

何気なく椅子の背もたれに掛けられました。

おそらく、そこの葬儀場では当たり前の事なので

しょうが、普通は考えられません。

棺掛というのは、故人様がお納めされた御柩の

上に掛けられるものです。

それを、人が腰掛ける椅子に掛けるというのは

いかがなものでしょう?

人は、意外と色々な事を見ているものです。

また、その場で言ってくれないのも人です。

終わった後で、人に伝えるのも人です。それが

いつしか評判になり、気が付いた時には

多くのお客様を失っていた!という話は少なく

ありません。

ちなみにその担当者の方は厚生労働省認定の

葬祭ディレクター1級を取得されていました。

名札には堂々と、その認定書が輝いていました。

資格や経験は大切な事です。しかし、もっと

大切な事が私達の仕事には山ほどあります。

前職でお客様の評判が一番良かったのは、

昨日今日研修を終えたばかりの新卒の社員でした。

真心がお客様に伝わらなければ、本当のサービス

とは言えません。

だから常に勉強と努力を重ねなければ、最高の

サービスは出来ないと私達は考えています。

いつも、そんな事を話し合いながら、スタッフ

一同最高の送りの儀式を目指しています。

感謝。