良い葬儀を執り行う方法

ご不幸はあってはいけませんが、残念ながら

必ずある事です。その最後のお別れをいかに

悔いの残らないようにするかが大切な事だと

思います。生前に「こんな葬儀にしてほしい」と

ご家族に伝えておけば、喪主になられる方は

葬儀社との打ち合わせの時に比較的進めて行き

やすいかも知れません。しかし、どんな葬儀に

したらよいか?喪主様ご遺族様で選択される場合、

葬儀社の勧めるがまま葬儀のやり方や料金が

決まっていく事が多いです。

葬儀社は過去の例や一般的な葬儀のしきたりを

説明しながら勧めて行きますが、安いプランを

一番に勧める葬儀社はまず無いと言っても良い

でしょう。安いものを勧めて評価される会社は

ありません。だから少しでも高い祭壇や棺や

骨壷を勧めます。また安いものを勧める事で

お客様に失礼になる場合もあります。葬儀社の

担当者が勧める葬儀が喪家様のお考えに一致した

時、はじめて良い葬儀になると思います。

しかし必要以上に高額な品物を勧めたり、

必要のないオプションを勧めたりすると、

売上げは上がっても感謝されないお葬式になって

しまいます。

もっといけないのは、高い祭壇を勧められて

断ると、担当者が嫌な顔をして態度が悪くなる

事があります。これは私が知り合いのお葬儀の

打ち合わせに同席して実際に経験した事ですが、

喪主様のお考えを聞き私なりにアドバイスをさせて

いただいたのですが、葬儀社が勧める祭壇を

断ったとたん、担当者の態度が悪くなりました。

パンフレットには「安い葬儀が出来ます」と

書いてあるのですが、安くできても良い葬儀とは

限りません。

私達の結論は「安くても、親切で、良い葬儀」を

多くの方へ提供するという事でした。トワの

葬儀は、一番シンプルな直葬プランで50,600円

(税込)追加費用一切なしで葬儀が執り行えます。

それでも、誠心誠意どんなお葬儀も同じように

対応させていただきます。それは、いつも自分の

親を送る想いでいるからです。そこには売上も

利益も必要ありません。必要なのは、故人様、

ご遺族様への精一杯の真心だと私達は想って

います。

感謝。