安くても、親切で、良い葬儀とは?

「安くても、親切で、良い葬儀」とは?

※「安くても」市場の三分の一以下の料金設定でも

粗末な商品は一切使いません!

棺や仏具や骨壷などの仕入先は全国でも限られて

います。どこかの葬儀社だけが特別な商品を

扱っているという事は絶対にありません!どこも

ほとんど同じ物を使っていますが、料金設定は様々です。

※「親切で」自分だったらこんなサービスをして

もらいたいと思う、心のこもった接客の徹底!

私達が考えるお葬式はシンプルに故人様、ご遺族様が

中心となって、悔いの残らないお別れのお手伝いを

させていただく事です。私達スタッフは黒子に徹します。

派手な演出をしたり、必要以上にナレーションを

入れて感情移入をあおったりする事は控えています。

ご遺族様の思い通りのお別れができる事が理想だと

考えています。

分からない事はそっとアドバイスさせていただきます。

※「良い葬儀」正に、自分の大切な身内を送る想いで

お手伝いさせていただく葬儀!

私達は以前、従業員が2,000名を越える大手の葬儀社に

お世話になっていました。

年間5,000件を超える葬儀のご依頼がありました。

(現在も)

私が、葬儀の集金の業務をさせていただいていたころ、

多くのお客様から「お世話になったけどどうして

葬儀代がこんなに高いの?」と言うご意見を多く

いただきました。

そして、上司にお客様の声として意見を繰り返しました。

すると何時しか私は会社の第一線には居ませんでした。

そんな時、直属の上司から聞かされた話が私の人生を

変えてくれました。

「確かに高いな、私もそう思う!しかしそれは、

全部会社の責任なのか?どこにも負けない会館設備、

どこにも負けない社員教育、そしてどこにも負けない

ご依頼件数、何をとってもうちの会社は一流じゃない

のか?高いと言われるのはお前のサービスが足りない

のじゃないのか?

150万円分のサービスが出来ていないから高いと

言われるのじゃないのかね!

お客様のために全身全霊で接して200万円分の

サービスが出来れば、逆に安かったと思っていただける

のじゃないか!そんなお前にしか出来ない超一流の

サービスを目指せ!」

目が覚めたような気がしました。葬儀代金が高いことを

全て周りに責任転嫁していた自分に気がつきました。

それから考えました150万円分のサービスとはどんな

サービスなのか?

そして私達なりに出した答えが「正に自分の大切な

身内を送る想い」でした。

現在その上司は定年退職されていますが、10年前に岩国に

住むおば様の葬儀をトワにご依頼いただきました。

無事お送りさせていただき、最後に 「世話になった

な・・・」 そう言っていただきました。

その時、やっと認めてもらえたような、そんな気が

しました。

これからも私達が目指す葬儀は、市場の三分の一以下の

料金設定で150万円分のサービスを徹底することです。

感謝。