死にざまを考えながら今日を生きる

将来自分が亡くなった時の事を考える事があります。その時の葬儀をイメージした時、

何人くらいの方が会葬に来られて、祭壇の花はこんな感じで、遺影写真はどれを使って、

お別れの時の音楽はどれを流して、など、職業柄なのか自分の葬儀のイメージは

出来あがっています。「立つ鳥跡を濁さず」やはり後に残るものに心配や苦労をかけない

ようにしたいものです。そして少しでいいので、近い人には惜しまれて亡くなりたいもの

です。そのために人は一生懸命毎日を生きているような気がします。

自分の死にざまを考えながら、今日元気でいれることに感謝して多くの方のお役に立てる

自分でありたいと思います。  感謝。