頭北面西右脇臥

頭北面西右脇臥(ずほくめんさい

うきょうが)とは、頭を北に向け、

顔を西に向け、右脇を下にし

お釈迦様が入滅されたお姿の事を

言います。

故人様を北枕にするのは、そのお姿に 

近づけるためです。

しかし、いつの日か「北枕で寝るのは 

縁起が悪い」と言われるようになり、

生きている私達は北枕で寝る事を

避けるようになりました。

しかし、本来はお釈迦様が入滅された、

一番理想的なカタチなので、決して縁起が

悪い事ではありません!

「北枕は縁起が良い」と伝えられている

国も多くあるそうです。

感謝。